TOP > 歯周病

歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、主に口内に付着したプラークが原因で発症し、進行します。
中高年のもの、というイメージがありますが、何年もの時間をかけて進行し、重度にならないと痛みがないため、実際は「20代から進行して中高年で発見されることの多い」病気です。
また、糖尿病や心臓病、肺炎、早産との関連性も深く、特に妊娠のご予定がある方には歯周病治療をおすすめしております。京都市中京区・烏丸で、歯ぐきの腫れや歯槽膿漏が気になる方はご来院ください。

歯周病の予防・治療

歯周病の予防・治療

歯周病の原因であるプラークは、人が生活する以上、必ず付着するため、付着したプラークをいかに除去するか、が大切になってきます。

  • 歯周ポケット検査
  • 定期的な除石、クリーニング
  • ご家庭での正しいブラッシング
  • 基本的な柱として、歯周病の予防、治療にあたります。

重度歯周病の治療

重度に進行した歯周病の場合、歯周ポケットが深くなり、歯を支える歯槽骨も溶け始めます。
そういった場合には、外科治療による治療が必要になります。
ただし、重度になってしまうと、治療が困難になり、抜歯となってしまうケースもあります。
「重度になる前に歯科医院に行く」ことが大切です。
京都市中京区・烏丸周辺で歯周病治療なら、是非ご相談ください。
フラップオペ
歯周ポケットが深くなり、清掃が困難になりますと、歯周病の進行を止めるのは困難です。
そのような場合、患部を切開し、歯の根を剥き出しにして、プラークをきれいに取り除いたのち、縫合します。
GTR(組織再生誘導法)
歯周病の進行により歯槽骨が失われたところに、特殊な人工膜を覆うようにかぶせ、その内側で、歯槽骨・歯根膜などの歯周組織の回復を促します。
エムドゲイン
歯周病の進行により歯槽骨が失われたところにエムドゲインを塗り、歯槽骨・歯根膜などの歯周組織の再生を促します。
アクセス

◆所在地
〒604-8206
京都府京都市中京区新町通
三条上ル町頭町112 菊三ビル 1階

◆受付時間
[月・火・水・木・金]
9:00-13:00/16:00-20:00

◆休診日
土曜・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら